ニュース・お知らせNEWS

第6回保育の学校 「保育園の感染対策」

季節が秋めいてきたら、保育の現場で注意が必要なのが「感染症」。昨年度も大好評だった感染症の対策を今回は学びます。

もちろん講師はわれらが北川先生!看護師の経歴もあり、星稜大学で保育士のたまごに教鞭をとっていらっしゃいます。

今回は当社のスタッフのみなさん・当社登録者に加えて、会場を提供してくださった「林中こども園さん」のスタッフの方も数多く参加。やはり感染に対しての皆さんの意識の高さが感じられます。

幼児に見られる病気の症状や、対策、注意点などを資料を元に解説。さすが先生!昨年よりも内容をより分かりやすく、資料もまとめてくださってより理解しやすくしてくださっています!

後半は感染研修恒例の嘔吐物処理。さすが先生!こちらも昨年よりも、よりリアルに・・・(笑)。😁

園内で嘔吐物処理の講習をやったところということで、非常にスムーズに処理されていました!『感染』は園児はもちろん、ご自身、ご自身のご家族にも関わります。そして目に見えない、だからこその徹底・周知・啓蒙が必要なのだと再認識しました。

今回の会場である林中こども園さんは、数年前にご近所から移転・新設された新しい園舎です。

園児が喜びそうなスペースもあり、窓も大きく・多く、開放感いっぱいの園舎です。木製品も多く使用されどこかのモデルルームかと錯覚するようです。😆

北川先生、林中こども園の皆様ありがとうございました!!☺

一覧へ戻る