ニュース・お知らせNEWS

北國新聞 保育士が救命法学ぶ

■保育士が救命法を学ぶ
※金沢で講習会

 

保育士の知識やスキルを補い、職場復帰を後押しするプログラム「保育の学校2018」

(本社後援)=写真=は26日始まり、初回は保育士27人が金沢市消防局を訪れ、乳幼児の救命法を学んだ。

保育士を専門とした人材派遣会社「エンパワー・サポート」が企画し、2年目となる。

参加者は乳幼児の人形で心臓マッサージやAED(自動体外式除細動器)の使い方を練習した。

次回は6月16日、子どもの成長に合わせたおもちゃの紹介を予定している。

 

一覧へ戻る