ニュース・お知らせNEWS

北國新聞 新聞使った遊び方学ぶ

■新聞を使った遊び方を学ぶ
金沢で「保育の学校」 
保育士のキャリアアップや職場復帰を支援するプログラム「保育の学校」(本社後援)は16日、金沢市戸水1丁目のあけぼの保育園で開かれ、県内の保育士23人が新聞を使った、子どもとの遊び方などを学んだ。おもちゃコーディネーターの西希美さん(金沢市)が講師を務め、新聞を丸めてボールにしたり、ビニールテープを巻き付け棒状にしたりして遊ぶ方法や、子どもの発達段階に合わせたおもちゃの選び方などを教えた。
保育士を専門とした人材派遣会社「エンパワー・サポート」(同)が企画した。

 

一覧へ戻る